★ 激安! CANON 純正インク ★
大特価!600万画素&4倍光学ズーム CANON IXY DIGITAL 800 IS

キャノン デジカメ記事2008

キャノン「PowerShot SX1 IS」【実写速報】
 キャノンから発売されたCMOSを採用した20倍ズームコンパクトモデル
PowerShot SX1 IS で撮影を行った写真の実写レポートの記事を紹介します。
sx1is1_08
 キャノン PowerShot SX1 IS の外観、主な仕様、定点作例、ISO感度別作例の実写サンプル画像がたくさん載っています。機種選定判断の参考にご覧下さい。

【実写速報】キャノン PowerShot SX1 IS

キャノン PowerShot Gシリーズの系譜は「PowerShot G6」で途切れてしまった?
canonPSG10
キャノン「PowerShot G10」 を他のライバル品と比較評価した記事を紹介します。

【伊達淳一のデジタルでいこう】キャノン「PowerShot G10」

 キャノンが2008年11月下旬に発売する予定の新型デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」の外観写真などを紹介する記事を紹介する。

 キャノンEOS 5D Mark IIは、35mm判フルサイズセンサーを搭載した同社の中級モデル。前モデルの「EOS 5D」から3年ぶりのリニューアルとなった。有効2,110万画素CMOSセンサーを搭載し、ボディのみの価格は30万円前後の見込み。
キャノン EOS 5D Mark II (β機)の概観

 キャノンは10月9日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX10 IS」の発売日を10月17日に決定した。PowerShot SX10 ISは、発表当初10月中旬の発売としていた製品。

 キャノンPowerShot SX10 ISは、広角28mmからの20倍ズームレンズを搭載する高倍率ズーム機。撮像素子に1/2.33型有効1,000万画素CCDを採用。バリアングル式の液晶モニターを搭載するほか、EVFも備える。電源は単3電池×4本。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万5,000円前後の見込み。

canonPSSX10IS
 キャノンは10月9日、コンパクトデジタルカメラ PowerShot G10 の発売日を10月17日に決定した。PowerShot G10 は、発表当初10月中旬の発売としていた製品。

 PowerShot G10は、PowerShotシリーズのフラッグシップモデル。ダイヤル操作部などを多用した、カメラらしいデザインが特徴。35mm判換算28mmからの5倍ズーム、1/1.7型有効1,470万画素CCD、約46.1万ドットの3型液晶モニターなどを搭載する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後の見込み。
canonPSG10
キャノン EOS Kiss F は、6月27に発売されたばかりのキャノンのエントリーモデルで、従来、ローエンドに位置していたEOS Kiss X2のさらにひとつ下のクラスとなります。

 ちょっと見ると、キャノンEOS Kiss X2によく似ているものの、あちこちでコストダウンがわかります。実売価格はボディのみで約7万円。EF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISが同梱されたレンズ付きキットが約8万円。EOS Kiss X2よりも1万4,000円ほど抑えた価格設定となっている模様。
kiss_f_01

このキャノン EOS Kiss Fの評価、紹介の記事は以下です。
 【新製品レビュー】キャノン「 EOS Kiss F」
 キャノンから発売されたPowerShotシリーズ 710万画素CCDのエントリーモデル PowerShot A470 で撮影を行った写真の実写レポートの記事を紹介します。
PSA470
 キャノン PowerShot A470 の外観、主な仕様、定点作例、ISO感度別作例の実写サンプル画像がたくさん載っています。機種選定判断の参考にご覧下さい。

【実写速報】キャノン PowerShot A470
 キャノンから間もなく発売される小型軽量デジタル一眼レフ EOS Kiss F で撮影した写真の実写レポートの記事を紹介します。

 キャノン EOS Kiss F の外観、主な仕様、定点作例、ISO感度別作例の実写サンプル画像がたくさん載っています。

【実写速報】キャノン EOS Kiss F

 キャノンがデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss F」を6月27日に発売すると発表した。発表当初には、6月下旬の発売を告知していたもの。店頭での予想価格は、ボディのみが7万円前後、レンズキットが8万円前後の見込みです。

 キャノンEOS Kiss Fは、本体重量約450g、EFマウント(EF-S対応)採用のデジタル一眼レフカメラで、撮像素子はAPS-Cサイズ相当の有効1,010万画素CMOS センサー。現行のEOS Digitalシリーズにおいて最軽量かつ最安値の機種となります。液晶モニターは2.5型約23万画素、記録メディアはSDHC/SDメモリーカードを採用しています。
 キャノンは、低価格帯のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss F」を
6月下旬に発売する予定です。

 店頭での予想価格は、ボディのみが7万円前後の見込みで、交換レンズ「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」が付属するレンズキットが8万円前後の見込みです。
kissf_02
 2008年3月発売のデジタル一眼レフカメラ「キャノンEOS Kiss X2」よりさらにエントリー向けとしたモデル。キャノン Kiss X2で採用したライブビュー機能や画像処理エンジンを搭載しながらも、画素数や液晶モニターのサイズを抑えることで低価格を実現しています。

以下のリンクでは、キャノン「EOS Kiss F」のデザインや使い勝手が多数の写真で紹介されています。
 写真で見るキヤノン「EOS Kiss F」(β機)

 キャノン Kiss Fの“F”は「ファミリー」や「フレンドリー」などを表したといい、コンパクトデジタルカメラや、従来モデルの「EOS Kiss Digital X」からの買い換えユーザーをターゲットにする。なお、EOS Kiss Fの発売に合わせて、EOS Kiss Digital Xの販売は終了する模様。
EOS Kiss Fの詳細記事リンク

 山田久美夫氏によって撮影されたキヤノン EOS Kiss F(β機)の実写画像が以下のところにたくさん掲載されているので参考にしてください。
 キャノン EOS Kiss F(β機)実写画像〜EOS Kiss X2との比較も掲載

【ご案内と運営ポリシー】
キャノン大好き!のブログへようこそ!
お気に入りのキャノン製品やキャノンについて紹介しています。
ごゆっくりとご覧くださいね。
感想、コメントお待ちしております。
楽天市場